スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】

| スポンサー広告 |
念願の場所2連発
雲ひとつない晴天!!
絶好の観光日和です。

朝から、ハセツネのゴール速報に感動。

昨日メイン練習が終了したし、トレイル?散歩?でもいいかって事でずっと行きたかった場所へGO!
今は紅葉が綺麗なはず。

観光客でにぎわってました。

白駒の池一周 → 高見石 → 白駒の池 のお手軽紅葉トレイル。

以前行った時は池みて寒くて帰ってきたっけ。
今日は日陰は寒いけど、陽があたればぽっかぽか。
苔で覆われた、幻想的な景色を見ながら一周。
1015CIMG8293.jpg 1015CIMG8301.jpg
途中、看板があったので高見石小屋めざして山をどんどん登る。

20分ほど行くと山小屋があり、その奥に分かれ道・・。
うーん。どっち行く?
確か高台から白駒の池が綺麗ってネットで見たけど・・どこだったんだ?
○○と煙は高いところが好き。
迷わずまだまだ登る丸山ルートへ。

これまた誰も居ない、すんごい もののけ姫ルート。
1015CIMG8309.jpg
登る登る。
今日は軽く・・・だったはずでは?
辛いです。
すれ違ったおっちゃんに、あと10分だよと言われたので、「頂上から景色綺麗なんですよね!?」と辛さを紛らわそうと聞いたら。「いや、特に景色は綺麗じゃないよ」って!!!

え~~~~。
ルート選択ミス?

でも、登れば嬉しいものです。達成感♪
あとは、麦草峠に向かって降りるだけ。

これまた、すんごい急坂で、上りも嫌いなら、下りでも文句ぶ~たれの厄介な私。
このルート、日陰が多いのか霜柱が凄かった!
初めて見ました、10センチはある霜柱。
感動!!

やっと見覚えのあるヒュッテを見たら、平行に白駒の池にラクチン移動。
知らなかった奥庭なんかもありました。

帰りは、ちょうど観光のピークなのか、駐車場に入れない車もいる程。
池一周だけならお手軽です~♪
1015CIMG8324.jpg

思ったより疲れちゃいました。
午後は、まったりでいいや~。

と思っていたので、更に念願の場所へGO!
御泉水自然園。
何度も通り過ぎていたのですが初めて中に入りました。
もうあまり時間ないし、高台から景色みて~、ちょろっと中見て帰ろう!って思ってたんだけど。
またまた下調べが甘かったので、日が暮れる寸前までウロウロすることに・・!

1015CIMG8334.jpg 1015CIMG8336.jpg
入場料300円で綺麗な散策コースがイッパイ!!
花が綺麗な季節にくるともっといいだろーなぁ。
ルートも沢山あってどこもかも、行きたい病。
1015CIMG8347.jpg 
お花畑ルート。花は今な~~~んにも咲いてない。
さて、地図を見ると道路を隔てた反対側の小鳥の森?の方もおもしろそう。
看板に「蓼仙の滝 0.7m」とあった。
大好き滝!!近いから行ってみようと提案。
が・・・、凄い急な下りの階段。どうみても、どこまでも下っています。
何度もやめようか・・と思ったけど、言いだしっぺだし、言い出したらやり遂げたいし、1K無いんだし。
がんばって行きました。甘く見てたこのルート。かなり疲れました。
1015CIMG8352.jpg 1015CIMG8354.jpg
思ったより、しょぼかったけど、苦労して行っただけあって綺麗に見えた?
と言うよりも、帰りの上りを考えたら感動が薄くなった?!
当然帰りは全て登りの階段です。680段あるらしいです。

そして、まだまだ過酷な練習は続きます。
蓼科牧場のロープウェイの下のスキー場のすんごい斜度を下りました。
だから、今日はまったりのはずだったのに。。
1015CIMG8364.jpg
綺麗な景色に癒され、温泉ですっきり!
昨日の家を出てから今日の夕方までず~~~と又ジャージだったがね。
やっと私服になったけど、どこも寄らないからスッピンです。
各場所で、ブーツ履いてチャラチャラした格好でも観光できちゃう蓼科で、そんな女子を見ながらちょい嫉妬。
でもこんな自分も結構好きだった、そんな週末。

蓼科アルバム

スポンサーサイト
【 2007/10/21 】

| 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<東京国際女子マラソン | ホーム | 秋の蓼科で>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nonbiriharapeko.blog62.fc2.com/tb.php/589-66eb8550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。